日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

テトラパック「テトラ・リカルト」 レトルト可能な紙容器に注目 食品缶詰の新潮流に

機械・資材・IT ニュース 2018.10.19 11780号 02面

器具を使わずに開封でき、軽量で収納しやすい「テトラ・リカルト」
器具を使わずに開封でき、軽量で収納しやすい「テトラ・リカルト」

 食品用缶詰の代替品としてテトラパックが製造するレトルト可能な紙容器「テトラ・リカルト」が世界的に注目を集めている。四角形の紙容器は軽くて便利で扱いやすい。缶に比べて輸送効率に優れ、店頭では優れた宣伝効果を発揮する。環境面での優位性も大きなメリットだ。加工トマトや豆類、スープなど世界50ヵ国150ブランドで採用が進み、食品缶詰の新潮流として存在感を増している。

 レトルト殺菌は加圧加熱処理を容器ごと行うため、熱や水分に弱い従来の紙パックでは難しいとされてきた。

 世界で初めてレト・・・
[全文は電子版会員登録を]