日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

18年SC、大型化の傾向 防災モールなど多様化も

小売 ニュース 2019.01.09 11817号 04面


 日本ショッピングセンター協会によると、18年(速報版)のショッピングセンターの開設数は37施設と前年より11減少したが、平均店舗面積は2万平方mを超えて大型化した。そのほか、オフィスや地域開発と一体の複合型や百貨店などからSCへのリモデル、本格的な防災モールも登場して多様化した。エリアでは関東・甲信越が多く、東京都が7施設と最多だった。(山本仁)

 18年末のSC総数は速報ベースで3224施設、開設が37、閉店が30で、前年末比10の純増。店舗面積別では3万~4万平方m以上が・・・
[全文は電子版会員登録を]