日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

ローソン、ブラジル料理「コシーニャ」参考に小学児童とパン開発

小売 ニュース 2019.02.13 11834号 12面

潮田小学校6年1組の児童がPOPや陳列にも工夫した店頭販売=ローソン鶴見仲通一丁目店
潮田小学校6年1組の児童がPOPや陳列にも工夫した店頭販売=ローソン鶴見仲通一丁目店

 ローソンは、ブラジル伝統料理「コシーニャ」を参考にしたパンを横浜市鶴見区の潮田小学校の児童と共同開発した。同校周辺は、ブラジルなど南米やアジアなど外国のルーツがある移住者や児童も多く、同校ならではの独自色を打ち出した商品で差別化した。産学官連携の取組みだけでなく、多様な国の出身者が多い地域で共生する試みにもなった。5日に関東エリア(約4700店)で発売、児童が店頭販売して弾みをつけた。(山本仁)

 今回の取組みは、ローソンが09年に結んだ横浜市との包括連携協定によるもの。文部・・・
[全文は電子版会員登録を]