高機能玄米協会、「金のいぶき」2年連続不作 普及拡大へ全力を

農産加工 ニュース 2019.07.10 11906号 02面

 高機能玄米協会は、おいしさと高栄養を兼備した玄米食専用品種「金のいぶき」の普及拡大に戦略的に取り組み、安定栽培技術の確立や高品質化、PR活動、関連商品開発などに全力を挙げる。最近、CVSおにぎりや加工食品の商品開発が進み、消費や認知向上では大きく前進したものの、両輪の原料米生産では、17、18年の2年連続天候不順に見舞われ苦戦を強いられている。そこで、生産者に向け、このコメのメリットや栽培方法を粘り強く説明するコミュニケーション活動を強化する。  金のいぶき作付面積は、11

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら