OKIデータ、幅狭小型カラーLEDラベル印刷機2機種投入 食品、物流業界など狙う

安価なラベル媒体に高解像度の印刷ができる「Pro1050」

安価なラベル媒体に高解像度の印刷ができる「Pro1050」

 プリンター製造・販売のOKIデータは、主に国内の食品、飲料、物流業界をターゲットにした幅狭小型カラーLEDラベルプリンター「Pro1050/Pro1040」を発売、出荷を開始した。トナー方式(電子写真方式)を採用したことで、印刷用に特殊加工されたラベル専用紙ではなく、普通紙や透明フィルム(PET)、合成紙などの安価なラベル媒体に高解像度のカラー印刷ができるようになった。同社では、特に工場や倉庫の現場で管理上、注意を要する資材、薬剤などの視認性を高めるために使用する識別ラベル

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら