キリンビール・キリンビバレッジ、大阪府と包括連携協定締結 地域ブランド力強化

酒類 ニュース 2017.04.24 11516号 02面
右からキリンビール竹内博史本部長、松井一郎知事、キリンビバレッジ大谷美治本部長

右からキリンビール竹内博史本部長、松井一郎知事、キリンビバレッジ大谷美治本部長

 【関西】キリンビールとキリンビバレッジは19日、大阪府と包括連携協定を締結した。地域創生の一環として、地元食材「大阪産(もん)」の消費拡大を通じて、地域活性化に貢献。同時に、キリンのエリアブランド力強化を狙う。両社と地方自治体との連携は、兵庫県と神戸市、熊本県に次ぐ4件目。  今後3者は、地域活性化のほか、健康、府政PR、福祉・子育て、防災・安全の5分野で連携と協業を進め、個性豊かで魅力ある地域社会の実現を目指す。  具体的な取組みとして、6月6日にキリンビールが新発売する

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら