日清製粉グループ本社・長期ビジョン 国内外の成長に挑む 次世代戦略、グループ挙げて

小麦加工 ニュース 2018.12.14 11808号 01面
見目信樹社長

見目信樹社長

 日清製粉グループ本社(見目信樹社長)はグループ総合力の国内外発揮で業績、技術、海外、加工食品、医薬事業など未来の経営課題に向け、総合力を多彩に発揮し長期次世代成長戦略に挑戦する。  業績も中期経営計画7500億円の通過点として今期5650億円、経常利益320億円、海外比率20%、投資額200億円などすべて前期を大幅に超える水準を確保できる見通しで、これらを背景にグループ各社の得意分野や新創造力をフル稼働、事業展開の総合力・グランドデザイン方針を発揮、次世代経営を内外で支える

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら