昭和産業、変化に対応で高み目指す

小麦加工 ニュース 2019.02.15 11836号 03面
新食感「もちぷっち」など春の新商品

新食感「もちぷっち」など春の新商品

 昭和産業は7日、新妻一彦社長はじめ経営陣や各事業部門担当役員・部長らが揃って専門紙記者団と会見し、19年3月期第3四半期概況および中期経営計画17-19の進捗(しんちょく)状況を説明した。  新妻社長は「当社グループの今年のテーマは“変化”。昨年掲げたイノベーションに引き続き取り組むと同時に、全方向にアンテナを高くして大きな変化をチャンスととらえ、グループ全体で変化への対応力を高め、さらなる高みを目指す」と語った。  同社の19年3月期第3四半期決算は、前年同期比10.0%

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら