にいがた産業創造機構、東京で日本酒学講座 新潟清酒の魅力発信

新潟県の産学官が協同でスタートした「日本酒学」は、新潟大学の授業だけにとどまらずシンポジウムや出張講座など積極的に情報を発信

新潟県の産学官が協同でスタートした「日本酒学」は、新潟大学の授業だけにとどまらずシンポジウムや出張講座など積極的に情報を発信

 新潟大学で昨年4月から開講した「日本酒学」が、東京で出張講座を開催する。にいがた産業創造機構(NICO)が、首都圏における新潟県の情報発信を強化しており、その一環としてイベントを実施。東京都渋谷区の「表参道・新潟館ネスパス」で、試飲・試食を行いながら気軽に、より深く日本酒の魅力を学べる内容となる予定で、一般の参加者を募集している。  日本酒学は、醸造だけでなく文化や経済、医学などの幅広い視点から総合的に学べる学問として、新潟大学が昨年4月に初めて開講。新潟県酒造組合と県の協

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら