8月CVS売上高、客数30ヵ月ぶりの回復に

小売 統計・分析 2018.10.03 11774号 04面

 日本フランチャイズチェーン協会(=JFA)の18年8月度CVS(コンビニエンスストア)統計によれば、既存店売上伸び率は前年同月比1.0%増と3月連続で前年を上回った。既存店客数も0.03%の微増ながらも30ヵ月ぶりで前年を上回った。気温が高く、飲料、アイス、冷やし麺など夏物商材やカウンター商品や米飯類も好調だったため。  セブンイレブンの既存店売上高は2.0%増、客数では前年並みだったが、客単価の増加がけん引した。夏物商材やセブンプレミアムの惣菜や冷凍食品が堅調だったほか、

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら