イトーヨーカ堂、創業地で再出発 食品特化に弾み

小売 ニュース 2019.03.18 11850号 01面
オープニングのテープカットに臨む伊藤雅俊名誉会長(右から3人目)

オープニングのテープカットに臨む伊藤雅俊名誉会長(右から3人目)

 イトーヨーカ堂は、1号店の千住店跡地に食品に特化した「イトーヨーカドー食品館千住店」(東京・足立区)を15日に開店し、3年ぶりに食品スーパー(SM)として生まれ変わった。今回、マンション併設型の店舗としてオープンした。同社は、総合スーパー(GMS)から複合施設のSMに転換するなど事業の構造改革を進めており、今回の食品館千住店で弾みをつけた。  北千住の地はセブン&アイ・ホールディングスの出発点でもある。46年、セブン&アイの伊藤雅俊名誉会長の母と兄が北千住に2坪(約7平方m

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら