日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

キユーピー、冬場の衛生管理セミナー開催 ノロウイルスへの対応など講演

その他 セミナー・催し物 2017.12.06 11629号 05面


 キユーピーは11月29日、「冬場の衛生管理セミナー~衛生管理が気になる季節にタマゴの貢献~」を報道関係者を対象に行った。

 第1部では、北里大学北里生命科学研究所・大学院感染症制御科学府ウイルス感染制御学の片山和彦教授が「ノロウイルス 研究の進展で見えてきた本当の姿」をテーマに講演。

 「ノロウイルスは血液型B型の人が感染しにくい。菌とウイルスの違いは、菌は栄養を与えると自分で増殖するが、ウイルスは栄養を与えても自分では増殖できない。食中毒の約半分はノロウイルスで、猫、犬、ネズ・・・
[全文は電子版会員登録を]