日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

東洋ライス、金芽ロウカット玄米で米粉に本格参入

農産加工 ニュース 2019.03.11 11846号 03面

試食用に配られた商品(上から時計回りに金芽食パンを使ったサンドイッチ、フジッリ入りスープ、食パン、キンメッコロール、キンメッコパン)
試食用に配られた商品(上から時計回りに金芽食パンを使ったサンドイッチ、フジッリ入りスープ、食パン、キンメッコロール、キンメッコパン)

 東洋ライスは5日、米粉事業に参入することを明らかにした。精米を粉状にするのではなく、同社の金芽米、金芽ロウカット玄米、金芽米もちを原材料として使い、ビタミン類などが含まれるぬかの栄養成分を残しながら、優れた味や食感を実現、パン、パスタ、スイーツ用の材料として供給していく。他の米粉を供給する事業者はグルテンフリーなどで訴求しているが、東洋ライスは高栄養で差別化する。

 米粉事業の中心となる金芽ロウカット玄米は玄米のロウ(蝋)層を均等に除去したコメ。ロウ層は水分を吸収しにくくし、・・・
[全文は電子版会員登録を]