日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

親子で「かます棒」づくり ユーコープ、小田原市・漁港と連携

小売 セミナー・催し物 2019.03.15 11849号 03面


 ヤマトカマス(ミズカマス)の骨をストロー状の専用器具で抜き取り、キッチンばさみで背びれと腹びれをカット、唐揚げにする。「かます棒(北条一本ぬきカマス)」の工程だ。子どもに手本を示そうと思った大人も不慣れのため手間取る。家族でのチャレンジだから意味がある。

 神奈川県、静岡県、山梨県を事業エリアとする生協、ユーコープは10日、「おいしく、楽しく」食育や地域産業を知る一環として、親子で参加する「かます棒」づくりを小田原漁港で開いた(写真)。神奈川県小田原市と小田原漁港と連携した。・・・
[全文は電子版会員登録を]