日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

久世、今3月期は減収増益見込み 鮮魚などフルライン定着

卸・商社 ニュース 2017.03.15 11498号 03面

久世健吉社長(右)と久世真也副社長
久世健吉社長(右)と久世真也副社長

 久世の2017年3月期業績予想は売上高630億円(前年比6.2%減)、営業利益4億8500万円(同10.4%増)、経常利益5億3000万円(同10.7%減)。売上高減は前期の大口得意先との取引解消によるもので、営業利益は採算・収益の改善の効果が表れた。経常利益は前期の保険解約、グループ会社の株式売却による利益が今期はないため。その分を除けば増益ということだ。

 7日、東京・池袋サンシャインシティ文化会館で開催された同社展示会における記者会見で、今期業績予想を発表した。

 久世健・・・
[全文は電子版会員登録を]