日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

日清食品冷凍、喫食体験増やす 「マー活」でトライアル促進

冷凍・チルド ニュース 2019.02.15 11836号 05面

山下健一マーケティング部長
山下健一マーケティング部長

 日清食品冷凍の19年度マーケティング戦略は二つの方針で展開していく。第一に、定番ブランドからの情報発信(商品・プロモーション)を通じて、消費者の冷凍食品の喫食体験を増やしていく。「日清中華」や「スパ王プレミアム」ブランドが中心となり推進していく。第二として、食のホットなトレンドを取り入れ、冷凍食品への興味を高めてトライアルを促進する。話題の花椒(ホアジャオ)などを使った商品ラインアップを充実させ“マー活”として、冷凍食品市場にしびれる辛さを提案していく。

 山下健一マーケティ・・・
[全文は電子版会員登録を]