日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

伊藤ハムデイリー、札幌で春の合同商談会 総合提案力訴求を

乳肉・油脂 展示会 2019.02.22 11839号 14面

平嶋裕一社長(左)と河野英幸北海道営業部長
平嶋裕一社長(左)と河野英幸北海道営業部長

 【北海道】伊藤ハムデイリーは6、7の2日間、札幌市白石区の札幌コンベンションセンターで「春の合同商談会」を開催。主力のハム・ソーセージ、調理品、デイリー、食肉関連など市販用・業務用商品のほか、地場製麺大手の菊水、炭焼きの伝統にこだわるトンデンファーム、ギョウザの皮の老舗・井辻食産、kiriブランドのベルチーズ、こてっちゃんのエスフーズなどグループ会社、協力企業も出展、幅広い品揃えと総合提案力を強力に訴求した。

 今回は、変化する消費者のライフスタイルに合わせ、健康志向や簡便志・・・
[全文は電子版会員登録を]