日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

国分グループ本社、山星屋と菓子ソリューション提案 “未来予測”誌を作成

卸・商社 ニュース 2016.12.12 11454号 01面

未来予測誌「菓子の未来を考える」
未来予測誌「菓子の未来を考える」

 国分グループ本社は、山星屋と協業で菓子市場の現状課題や未来を読み解くトレンド予測誌を作成し、両社の得意先へ新たなソリューション提案を開始する。国分グループ本社は昨年の丸紅との提携で山星屋の株式20%を取得以降、両社間のプロジェクトチームの編成などで菓子分野におけるシナジーを相互に追求。その具体的な成果を外部へ問う試みだ。(篠田博一)

 ●得意先の拡販支援

 国分グループは今期始動の第10次長期経営計画で掲げる「食のマーケティングカンパニー」の実現へ向け、本社のマーケティング企画・・・
[全文は電子版会員登録を]