日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

木村飲料、ラムネ・サイダーを世界へ 新たな販路開拓 「カレーラムネ」大きな話題に

飲料 ニュース 2017.04.17 11513号 09面

木村英文社長
木村英文社長

カレーラムネ
カレーラムネ

 【中部】「ラムネ」と聞けば、口元がくびれたガラス瓶と、封入されたガラス球(ビー玉)を思い浮かべ懐かしむ人も多いだろう。日本の夏を代表する飲料として親しまれてきたラムネだが、1953年に全国で約2300社あったメーカーは、現在100社まで激減。市場は上位10社がシェアの9割を占める。このような厳しい環境下で、独自の商品を開発し続けるのが、静岡県島田市に本社を構える木村飲料だ。(立川大介)

 もともとは焼酎割りサワーが売上げの7割を占めていたが、大手酒類メーカーが続々とチューハイ・・・
[全文は電子版会員登録を]