日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

「フードメッセinにいがた」きょうまで朱鷺メッセで開催

その他 展示会 2018.11.09 11793号 02面

新潟県を中心に、国内外の食品関連団体・企業の代表が登壇、テープカットを行った
新潟県を中心に、国内外の食品関連団体・企業の代表が登壇、テープカットを行った

 食の国際総合見本市「フードメッセinにいがた2018」が7日、開幕した。新潟市の朱鷺メッセコンベンションセンター展示ホールできょう(9日)まで開催。1次産業と流通の接点を提供する「にいがた6次化フェア2018」を含め、過去最多461社・408小間が展開するブースには外食、スーパー、食品製造など新潟県内企業、近県・首都圏バイヤーが訪問し試食・商談が活発に行われている。期間中の来場者は1万人を目指す。

 7日の開会式には主催者や来賓が参集し、テープカットを行った。

 主催者を代表し・・・
[全文は電子版会員登録を]