スターチテック、血糖値上昇抑制でんぷん含むコメ新品種と加工品を開発

農産加工 ニュース 2019.06.19 11894号 09面

 スターチテックは、秋田県立大学発のベンチャー企業として2月に設立された。同学で行われるイネ研究成果を基に開発したコメ新品種と、これを原料にした加工食品の開発・販売を手掛ける。でんぷん科学の研究成果を通じて、農業や食品産業の活性化、人々の健康増進など社会貢献を目指す。  一つが機能性のあるコメ新品種で、血糖値上昇抑制や腸内環境を改善する難消化性でんぷん(レジスタントスターチ)を多く含む高アミロース米「あきたぱらり」と「あきたさらり」を開発した。  「あきたぱらり」は、パラパラ

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら