SM19年3月期決算 前期10社中6社営業増益 増税控え今期4社が減益予想

小売 決算 2019.05.22 11879号 04面

 主要食品スーパー(SM)の前19年3月期決算(18年4月~19年3月)は、10社中6社が本業のもうけを示す営業損益が前年を上回った。ただ今20年3月期(19年4月~20年3月期)は4社が営業減益を予想している。人手不足、同業や異業態との競争激化に加え、10月予定の消費増税を控え、消費の冷え込みに警戒する。(山本仁)  増収増益のバローホールディングス(HD)は、SM事業の中核企業バローが生鮮品の構成比が高いカテゴリーキラーへの転換を進めたのが奏功した。既存店売上高も0.6%

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら