特集・フードディフェンス対策:解説2=働く人の心と行動によって食品工場は守られる

2014.10.01 210号 22面

 結論から述べるのなら、究極のフードディフェンス対策は「従業員に愛される工場づくり」である。もちろん、これは外部的な要因を除くことが前提ではあるが、国内外の冷凍食品工場で発生した大規模なフードテロは、いずれも従業員不満によるものであったことが裏付けられている。確かに、不満を完璧に排除することなどは困難であるが、不満を爆発させない組織づくりというものはあるはずだ。こうした観点から、日本コンサルタントグループの中山明氏に解説いただく。