納豆特集:主要メーカー動向=大力納豆 国産大豆・輸出を強化

農産加工 特集 2019.03.22 11852号 07面

 新潟県魚沼市の大力納豆は、18年12月に価格改定した。売上げが横ばいとなり、一時的に数量が伸び悩んだが、1月以降は戻ってきた。国産大豆商品、ひきわり納豆が順調に伸びている。今後は国産大豆の商品群と輸出部門を強化していく。  主力は、新潟では定番の「赤いパッケージに軍配マーク」の「国産大力納豆(75g)」。1人用の個食パックが増える中、家族向けに一つの丼の中の納豆を分け合って食べる昔の食卓をイメージして開発した。価格的にも求めやすく大手メーカーにはあまりない形態が強みだ。  

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら