日清製粉・国際穀物科学シンポジウム:小麦粉二次加工の課題解決貢献

 日清製粉は1月25日、「第1回日清製粉国際穀物科学シンポジウム」を日本工業倶楽部会館(東京都千代田区)で開催した。穀物科学的アプローチが、研究開発を効果的に推進していくために有用であることを再確認することを目的に実施。澱粉(でんぷん)科学で著名な貝沼圭二先生(特別講演)、カナダ穀物委員会のBin Xiao Fu博士、米国ノースダコタ州立大学のSenay Simsek教授、東京農業大学の野口智弘教授が、小麦粉の主要成分の機能を俯瞰(ふかん)し、研究の将来を展望した。また、日清

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら