三菱食品、榮太樓總本鋪と開発 あんみつなど和菓子4品発売

菓子 ニュース 2019.03.11 11846号 05面

 三菱食品は、老舗・榮太樓總本鋪と共同開発した、あんみつや焼き菓子など4品を展開中だ。原料や製法にこだわり、添加物を極力使わないシリーズで、販売は8月までの期間限定。両者は年間25品を開発し、食品SMをはじめとした小売店頭で提案している。  「あんみつ」(=写真(上)、300g、350円)と「みつまめ」(270g、300円)は、あんに北海道産のアズキ、蜜に沖縄県産の黒糖を使用。白桃、黄桃、ミカン、パイン、サクランボのフルーツ5種を歯切れのよい寒天とともにカップに入れた。  「

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら