スペインのカスティーリャ・イ・レオン州、D.O.ワインの魅力PR 東京でセミナーと試飲会

テイスティングセミナーには多くのワイン業界関係者が参加した

テイスティングセミナーには多くのワイン業界関係者が参加した

 スペインのカスティーリャ・イ・レオン州政府は6月28日、ワインテイスティングセミナーと試飲会をインスティトゥセルバンテス東京で開催。同州16のワイナリーがD.O.(原産地呼称)ワインなどを業界関係者へPRした。  セミナーにはレストランサンパウ東京の菊地貴行シェフソムリエが、同州を代表するブドウ品種「テンプラニーリョ」などでつくられる赤、白、ロゼ6種のワインテイスティングを実施した。各ワインの特徴や料理とのマリアージュを紹介し、土着のブドウ品種が生み出すワインの味わいや奥深

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら