日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

ホッカンホールディングス・池田孝資社長が18年度重点施策 無菌充填など注力

機械・資材・IT ニュース 2018.12.07 11805号 01面

池田孝資社長
池田孝資社長

 ホッカンホールディングス(HD)の池田孝資代表取締役社長は4日の決算報告会で、2018年度の重点施策として12月に稼働した「西日本キャンパック新無菌充填ライン商業生産開始」と「インドネシア共和国における合弁会社設立およびデルタパック社事業譲受」を挙げた。西日本キャンパックでは無菌充填PETライン1ラインを増設し、その生産能力は年間約1000万ケースでその投資額は約65億円となった。小型(280ml)/大型(2L)PETボトル兼用ラインのため、多様なニーズに対応が可能だ。イン・・・
[全文は電子版会員登録を]