日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

「砂糖の日」勉強会、消費底上げへ140人が参加 石原医師「糖尿病の直接原因は糖でない」

菓子 セミナー・催し物 2019.03.15 11849号 04面

上野誠一郎関西物産会会長(上野砂糖社長)
上野誠一郎関西物産会会長(上野砂糖社長)

ユーモアたっぷりに講演する石原結實イシハラ・クリニック院長
ユーモアたっぷりに講演する石原結實イシハラ・クリニック院長

 【関西】減少傾向にある砂糖消費の底上げを目指す「砂糖の日」勉強会が7日、三井物産関西支社(大阪市北区)で開催。関西物産会会員企業やその取引先など約140人が参加した。同会は今回で3回目。通常は砂糖の日(3月10日)開催だが、10日が日曜日のため7日の開催となった。

 勉強会では谷川敦巳三井物産西日本食料部長が「日本人の一人当たりの砂糖消費量は減少傾向で海外諸外国に比べても極端に少ない。しかしインバウンドのお土産における菓子類は17年で約160億円と5年で2.6倍に成長し希望も・・・
[全文は電子版会員登録を]