日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

東京2020組織委 飲食提供に考慮点あり 台風被害の野菜高騰など

その他 ニュース 2017.03.15 11498号 01面

飲食戦略検討会議の開会に先駆け事務局が議事の進め方を説明した
飲食戦略検討会議の開会に先駆け事務局が議事の進め方を説明した

 13日から始まった東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(東京2020組織委)の飲食戦略検討会議で、台風が産地を直撃すれば野菜の価格が高騰し調達が困難になるなど、2020年夏季の東京大会期間中の飲食提供を支える調達についての考慮点が指摘された。事業者の視点からの知見を求められている検討委員によるこの指摘を踏まえて、飲食戦略検討会議の事務局は考慮点を調査することになった。(川崎博之)

 飲食戦略検討会議では、組織委での意思決定を経た「持続可能性に配慮した調達コード」・・・
[全文は電子版会員登録を]