日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

トーホー、「せんどば」で関東深耕 ワンストップC&C新業態 船橋を足掛かりに

卸・商社 ニュース 2017.07.03 11551号 03面

「せんどば」業態は早朝に買い付ける目利きの鮮度とサービスのワンストップ提供が売りだ
「せんどば」業態は早朝に買い付ける目利きの鮮度とサービスのワンストップ提供が売りだ

 トーホーは、グループの販売、サービスの機能を集大成しワンストップで提供するC&C(業務用食品現金卸売)の戦略業態「せんどば」の1号店を千葉・船橋で6月20日に開店、それを機に関東圏の市場深耕を本格的に開始した。

 業務用食品卸の4割がひしめく関東圏で売上高1000億円を狙える営業基盤を東京、神奈川、千葉、埼玉の1都3県に確立するための足掛かりにする。そのためには主要な顧客となる飲食店への現金卸売の機能に加え、グループの持つ飲食店運営の業務支援システムや品質管理、店舗の内装設計・・・
[全文は電子版会員登録を]