日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

味の素AGF中元ギフト戦略(下)AGFギフト 「スティック」強み生かしラインアップ強化

飲料 連載 2018.10.12 11777号 03面

瀧川直美グループ長
瀧川直美グループ長

手土産などの通年品種として提案する「TODAY's STICK」
手土産などの通年品種として提案する「TODAY's STICK」

 味の素AGF(AGF)は18年のギフト商戦に「パーソナル化」「プレミアム化」「健康化」--の三つの軸で挑む。「AGFギフト」では、伸長する「スティック」コーヒーギフトを中心にラインアップを強化する。

 同社によると、「スティック」ギフトは購入率では、従来の主力製品であった「瓶のインスタントコーヒー」ギフトを抜いたという。この要因として「(1)スティックの間口拡大により、そのおいしさや簡便さを贈答先にも楽しんでもらいたいという意識の高まり(2)高齢化や少数世帯、子どもの成長など・・・
[全文は電子版会員登録を]