日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

北海道味の素社など、グループ施策商談会 売場展開広げ拡販を

調味 展示会 2019.02.01 11830号 04面

施策商談会の会場
施策商談会の会場

 【北海道】北海道味の素社、味の素冷凍食品、味の素AGF、J-オイルミルズ、ヤマキ、日本ケロッグは1月25日、京王プラザホテル札幌で「2019年春季・味の素グループ施策商談会」を開き、小売、卸など取引先らが来場した。

 北海道味の素社は、新製品として本枯れ節、荒節、さば枯れ節、昆布、椎茸、焼きあごの6種の国産だし素材を使った「ほんだし濃厚だし」で初のだしパック参入。また電子レンジ専用調味料「かけてチン♪温菜おかず」(バーニャカウダ味、コクうま黒酢味)も注目された。会場では初の日・・・
[全文は電子版会員登録を]