日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

シーサイド・ファクトリー、「魚の生ハム」拡販へ 「佐渡島産」生かす

水産加工 ニュース 2019.02.18 11837号 12面

首都圏バイヤーが見学に訪れる清潔な工場内
首都圏バイヤーが見学に訪れる清潔な工場内

マグロの生ハム(スライス)。適度に水分が抜けることで、優れた食感を実現
マグロの生ハム(スライス)。適度に水分が抜けることで、優れた食感を実現

 【新潟】水産物加工業のシーサイド・ファクトリー(佐渡市、大塚育夫社長)は、新機軸の「魚の生ハム」の販路拡大に取り組んでいる。県内スーパーでの試食販売や人気投票などを実施。消費者に直接アピールすることで、同品の認知向上につなげている。商品は「シイラの生ハム」「さけの生ハム」「ふぐの生ハム」「マグロの生ハム」の4種類。県内のリピーター獲得を武器に、さらに佐渡発の特産品として、小売、外食店などをターゲットに首都圏での販路拡大に力を入れていく。

 シーサイド・ファクトリーの設立は20・・・
[全文は電子版会員登録を]