極洋、東京支社極洋会で方針 経営安定化向け歩み

水産加工 総会 2019.04.22 11867号 03面
井上誠社長

井上誠社長

松行健一支社長

松行健一支社長

 極洋は12日、東京都内で開催した「東京支社極洋会」総会で、今期の事業セグメント別の目標や重点施策などを各部門トップが説明した。今19年度は事業別売上高で水産商事1420億円、食品1100億円(冷食900億円・常温200億円)、カツオ・マグロ320億円を目標とする。中期経営計画の2年目となる今期、水産と食品の利益を五分五分にして経営安定化を図る目標へのステップの期とし、最終20年度に売上高3000億円、営業利益60億円を目指す方針。  松行健一常務取締役東京支社長は冒頭、「1

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら