関西味噌生販協議会、賀詞交歓会開催 冷や汁提案へ注力

土屋福蔵会長

土屋福蔵会長

 【関西】関西味噌生販協議会は5日、大阪市北区のホテルグランヴィア大阪で新春賀詞交歓会を開催した。会の中で、土屋福蔵会長は「今後のPR策としては“冷や汁”を推していきたい」と明言した。  冒頭のあいさつで、土屋会長は「全国味噌工業協同組合連合会の統計では18年の味噌出荷量は前年から1%ダウンしたもようだが、これは健闘したほうではないか。ただ、輸出が15%ほど伸びているらしく、国内消費が落ちているのは確かだ。生味噌の売場は縮小傾向にあり、即席味噌汁が増えている。生味噌は厳しい。

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら