日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

JA北海道・北海道生協連、相互で連携協力 SDGs軸に進める

その他 ニュース 2018.11.07 11792号 03面

協定書を持つ麻田信二北海道生協連会長(中央)、飛田稔章JA北海道中央会会長(右から2人目)ら
協定書を持つ麻田信二北海道生協連会長(中央)、飛田稔章JA北海道中央会会長(右から2人目)ら

 【北海道】JAグループ北海道と北海道生活協同組合連合会が10月31日、食や農業、地域生活などの分野で相互連携協力を推進する協定書の締結式を行った。

 同協定は国連が掲げる「持続可能な開発のための17のグローバル目標(SDGs)」を基本活動のテーマにした。具体策として子ども食堂への活動支援や健康寿命を伸長する高齢者福祉活動などの6項目で連携協力を推進していく。

 締結式で飛田稔章JA北海道中央会会長が、「グローバル化や農業者の高齢化、担い手不足など、われわれだけでは解決が困難な課・・・
[全文は電子版会員登録を]