日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

16年度惣菜売上げ、CVSが上位占める TPCマーケティングリサーチ調べ

惣菜・中食 統計・分析 2017.12.06 11629号 04面

 TPCマーケティングリサーチ(大阪府)が調べた16年の「スーパー惣菜/CVS・FF市場商品戦略・開発動向」調査によると、トップ上位企業はセブン-イレブン・ジャパン9555億円、ローソン4175億円、ファミリーマート4141億円、イオンリテール1807億円、サークルKサンクス1542億円と、CVS大手3社が上位を占めた。

 調査は7月から10月にコンビニエンスストア(CVS)15社、食品スーパー(SM)約1500社を対象に調査したもので、同市場は3兆6763億円(前年比3.3%・・・
[全文は電子版会員登録を]