日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

サッポロビール、RTD事業19年戦略 年間1000万ケース目指す 中計目標前倒し

酒類 ニュース 2019.02.08 11833号 02面

高島英也社長(左)と宮石徹営業本部長
高島英也社長(左)と宮石徹営業本部長


 サッポロビールは19年、RTD事業で前年比44%増となる年間1000万ケース(250ml×24本換算)を目指す。高島英也社長は5日に本社で会見し、「新旧2ブランドに資源を集中投資し、中期経営計画の目標を1年前倒しで達成する」と宣言した。

 発売2年目の「99.99(フォーナイン)」は通年ラインアップを4種に拡充し、400万ケース(67%増)まで大幅拡大を図る。新商品ではグループ会社のポッカサッポロフード&ビバレッジと共同開発した「レモン・ザ・リッチ」3種を投入。外食市場から火・・・
[全文は電子版会員登録を]