日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

台湾 伝統と革新をつなぐ製造現場(3)国内原料を重視 新たな顧客つかむ

その他 連載 2018.06.04 11710号 02面

「JD HALL」は、台湾語で「這茶好」(このお茶がいいね!の意)に近い音(皇翼食品)
「JD HALL」は、台湾語で「這茶好」(このお茶がいいね!の意)に近い音(皇翼食品)

台湾版チロルチョコでは、希少な国産コーヒービーンズを採用(巧口樂實業)
台湾版チロルチョコでは、希少な国産コーヒービーンズを採用(巧口樂實業)

 ◆皇翼食品

 皇翼食品は2002年に創立。台湾ではお茶が大量消費される国だが、そうした茶葉製品を製品化すると同時に、台湾の名物「タピオカミルクティー」の世界的広がりを目指して、カフェ経営の設立から経営アドバイスまでを行うコンサル業にも注力している。

 茶葉製品に関しては、すべて台湾産を原料とすることをモットーとし、国内産業の拡大を支援。そのほかには、タピオカミルクティー用タピオカパール、濃縮ジュース、ドリンク用フルーティーパウダーといった簡便な飲料用商材のほか、カフェメニューに・・・
[全文は電子版会員登録を]