日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

大和製衡、魚品質状態判別フィッシュ・アナライザに新機能 生食・加工用情報可能に

機械・資材・IT ニュース 2018.02.16 11662号 04面

鮮度計測機能を追加したフィッシュ・アナライザ・プロは生食用・調理用の情報を鮮度に合わせてユーザーに提供できる
鮮度計測機能を追加したフィッシュ・アナライザ・プロは生食用・調理用の情報を鮮度に合わせてユーザーに提供できる

良質判定の1つの基準となる「鮮度」に対応したフィッシュ・アナライザ・プロ
良質判定の1つの基準となる「鮮度」に対応したフィッシュ・アナライザ・プロ

 大和製衡は鮮魚の脂肪率を簡単・迅速に測定できる魚品質状態判別装置に、新たに「鮮度計測」が5段階で測定できる「Fish Analyzer PRO(フィッシュ・アナライザ・プロ)」を3月1日から発売する。鮮度計測機能は「魚の状態」とし、新機能を追加したことで、脂肪率・鮮度判定が簡単にでき、生食用・調理用など鮮魚の品質に合わせた情報をユーザーに提供可能になる。同等品と比べ10分の1以下の価格で、従来はほとんど研究機関でしか使用されていなかった魚脂肪計が、生産者だけでなく、中卸業者・・・
[全文は電子版会員登録を]