日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

菊正宗酒造、「純米樽酒」で感覚・触感商標登録を申請 リアルな酒樽表現

酒類 ニュース 2017.02.06 11481号 06面


 【関西】菊正宗酒造は、「純米樽酒135mlカップ」(写真)を今春、米国へ輸出開始するのに伴い、米国でも例の少ない「感覚・触感商標」の商標登録申請を行ったと1月27日、発表した。

 同品は、酒樽からそのまま日本酒を飲むことをコンセプトに開発。135mlのサイズは、木枡(144ml)とほぼ同じ容量。カップ自体がリアルな酒樽を表現できるよう、オリジナルの樽型成型瓶は、杉樽と同じ18面体の板を表現してグリップ感をもたせ、緑の竹のタガの部分はツルツルとした手触りを残しながら、木の部分に・・・
[全文は電子版会員登録を]