日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

大泉工場、「ホットレモネード」発売 新たな楽しみ方提案

外食 ニュース 2018.01.15 11645号 07面

発酵したコンブチャを原料に、有機のレモンとショウガを加えた「ホットレモネード」
発酵したコンブチャを原料に、有機のレモンとショウガを加えた「ホットレモネード」

 大泉工場は自社で運営する「大泉工場NISHIAZABU」で、発酵したコンブチャを原料に、有機のレモンとショウガを加えたホットドリンク「ホットレモネード」を10日から発売した。

 同店では、マラソンなどのスポーツを楽しんだ後に来店する客が多いことから、これらの客に向けて、体を芯から温められるホットレモネードを提供することで、コンブチャの新たな楽しみ方を提案する。600円(税込み)

 同日、熊本産の柑橘3種類とショウガをベースにしたコールドプレスジュース「シトラスジンジャー」も発売・・・
[全文は電子版会員登録を]