日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

不二製油グループ本社、植物性食を本格展開 「ESG経営」具現化

乳肉・油脂 ニュース 2018.03.19 11677号 02面

清水洋史社長
清水洋史社長

 世界的な人口増や食料問題を背景に、不二製油グループ本社が「植物性食」(Plant Based Food=以下PBF)の本格展開に乗り出す。清水洋史社長がこのほど開催したプレスイベントで、「環境・社会・企業統治を両立する『ESG経営』を具現化するため、大豆タンパクや植物油脂などのノウハウを生かしたPBFを通じたソリューション『PBFS』を全社で進める」方針を明確化した。

 世界的な環境破壊や異常気象、人口増や食料問題などに伴い、PBFは今後重要性を増すといわれる。すでに欧米では・・・
[全文は電子版会員登録を]