日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

西京味噌、「西京白みそ」需要拡大へ利用促進 「微粒仕立」で新市場開拓

味噌・醤油 ニュース 2017.10.13 11604号 01面

 京都の老舗・西京味噌は、白味噌の代表銘柄「西京白みそ」シリーズの需要拡大に挑む。飲食店向けには汎用(はんよう)性の高い商品を売り込み、幅広い業種・業態での利用促進を図る。肉や魚の西京味噌漬けを製造する畜産・水産業界には、味噌の粒をなくした“微粒仕立”の白味噌を提案。漬け込み時間や、味噌の使用量を大幅に減らせるメリットを訴求する。生産性の大幅な向上は、新市場の開拓につながる可能性もある。(涌井実)

 同社は1830年創業の老舗企業。京都を代表する銘醸として京料理の礎を支えてきた・・・
[全文は電子版会員登録を]