日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

中央味噌研究所、全国味噌鑑評会で審査 406品が技術力競う

味噌・醤油 ニュース 2018.10.31 11788号 04面

審査員が香りや味などを審査し、その年の“日本一の味噌”を決める
審査員が香りや味などを審査し、その年の“日本一の味噌”を決める

 中央味噌研究所は23、24の2日間、その年の“日本一の味噌”を決める「第61回全国味噌鑑評会」の審査会を行った。全国から集まった406品の味噌を12カテゴリーに分類、技術者や関連研究者が色や香り、味、組成を総合的に審査採点した。

 鑑評会は味噌の品質と技術の向上を目的に1956年に開始、今年で61回目を迎える。中央味噌研究所が主催し、農林水産省と全国味噌工業協同組合連合会が後援する。

 味噌は「甘みそ」「甘口みそ」「淡色系・辛・こし」「淡色系・辛・粒」「淡赤色系・辛・粒」「赤色・・・
[全文は電子版会員登録を]