服部醸造、企業のロゴデザインを一新

 【北海道】1927年に創業し、昨年90周年を迎えた服部醸造(八雲町)は、今春から企業のロゴデザインを一新。90年の服部醸造の歴史をイメージさせるマークとしている。  服部醸造のルーツは北海道の開拓歴史と深く関わっている。明治維新後に八雲へ尾張徳川家が家臣団をともなって入植し、八雲農場で味噌・醤油の製造を開始。その際に尾張八郡を象徴する「丸八」(マルハチ)が商標として用いられた。服部醸造は先祖が尾張藩に仕えてきたことが縁で、徳川家の商標であるマルハチを引き継いだという。現在、

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら