日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

  • 飲料

    左から、UCCコーヒー博物館山岡昭雄館長、UCCホールディングス上島達司代表取締役会長、UCC上島珈琲石谷桂子常務取締役

    UCCコーヒー博物館、開館30周年記念で特別企画展 新たなコーヒー文化創造にチャレンジ(2017.10.06)

     【関西】UCCホールディングスが運営する神戸市中央区のUCCコーヒー博物館は、1日に開館30周年を迎えた。これにともない同社は、新たなテーマ「NEXT COFFEE CULTURE」に沿って、新たなコーヒー文化創造にチャレンジすると…

  • 酒類

    梅乃宿酒造、「あらごしれもん」数量限定販売(2017.10.06)

     【関西】梅乃宿酒造は「あらごしれもん」(写真)を5日から数量限定で発売している。

     同社の看板商品「あらごし」シリーズは日本酒をベースにした果実酒で果肉をぜいたくにブレンドし、口でほどけるようなうまさとリッチな香りが特徴…

  • 酒類

    梅原修一社長

    ジャパンプレミアムブリュー、ホップ主役のビール発売 新カテゴリー構築へ(2017.10.06)

     サッポロビールの子会社ジャパンプレミアムブリューは3日、ホップを主役にしたビールの新ブランドを発売した。

     原材料の中でもホップを前面に打ち出し、品種による香味の違いを訴える。これによって消費者がビールを購入する際の選択…

  • 酒類

    霧島酒造、「KIRISHIMA BEER PILSNER」IBC金賞受賞(2017.10.06)

     【関西】本格焼酎メーカーの霧島酒造が製造・販売する「KIRISHIMA BEER PILSNER(ピルスナー)」(写真)が「インターナショナル・ビアカップ(IBC) 2017」のジャーマンスタイル・ピルスナーのボトル・缶部門で金賞を…

  • 乳肉・油脂

    MCTオイルを加えたケトン食を試食提供

    日清オイリオグループ、MCTで難病患者支援 患者会総会にケトン食(2017.10.06)

     日清オイリオグループは、展開するMCT(中鎖脂肪酸油)製品を通じた希少難病「グルコーストランスポーター1欠損症症候群(glut1欠損症)」患者への支援を推進している。

     このほど、名古屋市内で開催した「glut1異常症患…

  • 酒類

    本坊松美会長

    九州本格焼酎協議会、酒税負担減恒久化を要望 海外戦略支援継続も(2017.10.04)

     九州エリアの本格焼酎生産者で構成する九州本格焼酎協議会(本坊松美会長=薩摩酒造相談役)は、17年度末で適用期限を迎える酒税負担にかかる中小事業者の特例措置「租税特別措置法第87条」の恒久化と、インバウンド対策を含めた海外戦略への継続…

  • 外食

    神明主導でスシローと元気寿司が経営統合 1800億円企業が誕生(2017.10.04)

     回転寿司大手のスシローと元気寿司が経営統合に向けた検討に入った。M&A(企業の合併・買収)を加速させる神明が主導。9月29日開催の各社取締役会で決定し、資本業務提携契約を締結した。神明は、スシローグローバルホールディングスの株式94…

  • 調味

    AGBは視認性向上を狙って文字を太くした。味の素社のシンボルカラー「赤」によって描かれる

    味の素社、世界ブランドへ新ロゴ 言語超えて認知狙う(2017.10.04)

     味の素社は、味の素グループ共通のブランドロゴ「味の素グループグローバルブランドロゴ(AGB)」を導入する。2017-2019中期経営計画で掲げた20年度までのグローバル食品企業トップ10クラス入りに向け、グローバルでのコーポレートブ…

  • その他

    飛田稔章会長(左)と内田和幸ホクレン会長

    JA北海道中央会、改正畜安法で飛田会長ら見解 厳格な運用、国に求める(2017.10.04)

     【北海道】JA北海道中央会は9月29日、札幌市内で定例記者会見を行い、飛田稔章会長、内田和幸ホクレン会長が改正畜産経営安定法(畜安法)を巡る動きなどについて見解を述べた。

     飛田会長は「6月に可決された改正畜安法案は、1…

  • 小麦加工

    昭和産業、台湾大成集団と業務提携 アジア展開加速(2017.10.04)

     昭和産業は、台湾を拠点として食品・飼料などの事業を展開する台湾大成集団と、10月2日付で業務提携契約を締結した。これを第一歩としてアジアへの事業展開を加速させる考えである。

     台湾大成集団は今年60周年を迎え、台湾・中国…

  • 酒類

    ヤッホーブルーイング、銀河高原ビールを買収(2017.10.04)

     クラフトビール大手のヤッホーブルーイングは、銀河高原ビールの全株式を取得する契約を日本ハウスホールディングスと結んだ。「日本国内有数のクラフトブランドの銀河高原ビールは市場から高い評価を得ている。両者強みの相乗効果で、クラフトビール…

  • 小麦加工

    シマダヤ、連結子会社合併と商号変更(2017.10.04)

     シマダヤは2日、グループ経営の強化およびグループ体制の整備を目的として、18年4月1日を効力発生日として次の通り連結子会社の合併および存続会社の商号変更を行うと発表した。

     (1)東京シマダヤ、エス・エス・デリカ、埼玉シ…

  • その他

    日本政策金融公庫神戸支店、豚熟成肉工場に建設資金を融資(2017.10.04)

     日本政策金融公庫(日本公庫)神戸支店農林水産事業はこのほど、兵庫県三田市の司フーズ・システムの新工場建設資金9900万円を融資した。兵庫県で初となる豚枝肉の氷温熟成を行う。新工場はHACCP対応しており、商品の付加価値と衛生管理の両…

  • 農産加工

    食卓に新風を吹き込む「北の大豆きぬ練りおあげ」

    太子食品工業、食感一新の油揚げ「北の大豆 きぬ練りおあげ」発売(2017.10.04)

     ●常識変える食べ方提案

     豆腐、油揚げ、納豆などを製造販売する太子食品工業は、1日から新製法によって新たな食感・食味を実現した油揚げ「北の大豆 きぬ練りおあげ」を全国で発売する。従来の製法を一新し、油揚げにありがちだった…

  • 農産加工

    受賞商品を手にする神戸屋関東企画グループ中村宗敬課長(左)とピースクラフト雑穀焼菓子粉乃音の杜乃音早智子取締役

    「日本雑穀アワード」デイリー食品部門金賞に神戸屋など2社(2017.10.04)

     日本雑穀協会は9月28日、「日本雑穀アワード デイリー食品部門〈2017・秋〉」金賞授賞式を製粉会館内の大麦サポーターズキッチンで開催した。6回目を迎える今回のデイリー食品部門金賞には神戸屋「円熟 全粒粉」とピースクラフト“雑穀焼菓…

  • 機械・資材・IT

    レンゴー、杉井工業所を子会社化(2017.10.04)

     レンゴーはこのほど、杉井工業所(千葉県館山市)の発行済み株式の100%を取得し子会社化した。

     杉井工業所は房総半島南部を中心に事業を展開する段ボールケースメーカー。今後は同社と近隣のレンゴー直営工場との連携を強化し、同…

  • 外食

    日本給食品連合会、新潟県の3社新規入会(2017.10.04)

     日本給食品連合会(日給連)に1日付でカンダ(新潟市中央区、神田俊治社長)、スノエ(新潟県長岡市、倉部正美会長)、タカノ食品(新潟市江南区、高野雄造社長)の3社が新規入会した。入会は新潟県の既存会員・ヤマジュウ風間の推薦によるもの。こ…

  • 乳肉・油脂

    カフェ内の特設コーナーで美しくデコレーションされたBRULEE

    オハヨー乳業、「BRULEE」販売再開 期間限定カフェでPR(2017.10.04)

     オハヨー乳業は、アイスクリーム「BRULEE(ブリュレ)」の販売を3日から再開した。それを記念して9月28~10月2日の間、ポップアップカフェ「BRULEE Cafe」(東京都渋谷区代官山エヌズラウンジ)をオープンした。

  • 味噌・醤油

    マルサンアイ、味噌の提案積極化 増量企画品も投入(2017.10.04)

     マルサンアイは今秋から18年冬にかけての「みそ企画」「みそ提案企画」において、「国産素材100%無添加生」と「味の饗宴シリーズ」で増量セールを実施する。

     さらに11月24日の「和食の日」には「一汁三菜でバランスアップ・…

  • 水産加工

    「鯉に恋する郡山」をスローガンに掲げる

    コイの街・郡山(福島県) 「鯉に恋する郡山」合言葉に情報発信、商品開発進める(2017.10.04)

     福島県郡山市は、地元資源であるコイを中軸に活用した地域活性化に取り組んでいる。約140年前の水路開拓に端を発するコイ養殖は、現在全国屈指の生産地に成長。市が主導する「コイの街・郡山」の定着と鯉食の浸透を目指し、市内外への情報発信や商…