日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

新トップ登場:JFLAホールディングス・檜垣周作社長 和の食の価値、国内外発信

外食 インタビュー 2018.08.27 11752号 01面


 ●35社擁して始動

 1日、食品業界の生産・流通・販売を一気通貫でカバーするJFLAホールディングスが始動した。「牛角」の国内最大となるFCエリア本部や日本での「TACOBELL」店舗運営などの外食を中心に展開するアスラポート・ダイニングが、「盛田」「マルキン」などの伝統ある製造業や流通業を抱えるジャパン・フード&リカー・アライアンスを統合し、全35社を擁する一大食品グループとなった。同社を率いる檜垣周作代表取締役社長は経営方針に「食のバリューチェーンのグローバルリーディング・・・
[全文は電子版会員登録を]