日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

海外日本食 成功の分水嶺(43)日本食料理店「うま食堂」<上> 需要掘り起こしが鍵

外食 連載 2018.01.10 11643号 03面

日本食料理店「うま食堂」を5店舗展開する田辺文雄さん=パトゥムターニー県ラムルーカー郡で小堀晋一が17年12月11日写す
日本食料理店「うま食堂」を5店舗展開する田辺文雄さん=パトゥムターニー県ラムルーカー郡で小堀晋一が17年12月11日写す

 バンコク中心部から北東に約35km。パトゥムターニー県ラムルーカー郡に日本食料理店「うま食堂」のラムルーカー店はある。バンコク・プラカノンに4店舗を構える同店の5店舗目は、17年11月にオープン。その意外な出店場所が話題となった。日本人客はおろか日本人旅行者さえめったに立ち入らない田舎町。日本人経営者による新たな挑戦が始まっている。

 2012年に1号店を出店して以来、途中の一時期を除いて、うま食堂はプラカノンにこだわってきた。店主の田辺文雄さん(52)は「物件を所有するタイ・・・
[全文は電子版会員登録を]